アンズ栽培



先ずは植え穴を掘って
苗木を少し引き上げながら
土を戻していきます。
この時に植え穴の中には
堆肥も肥料も一切入れません。
このことが長年にわたって
言ってきたことだけど、
誰一人としてこのように
した人は一人もいなかった(残念)
どうしてかと言うと、どこの教科書にも
植え穴には堆肥とか肥料を
入れましょうと書いてある。
何も入れないな〜んて書いてある
書物はないからでした。
(植え穴に堆肥とか肥料を入れるのは
よほどのやせ地の場合であって、
普通の土なら不要と言うこと)
しかし、植えてから4〜5年も
過ぎると、言ってる意味が解って
きた人は何人いることでしょう!

品種はカナダ原産ハーコット。
国内産アンズと言うと、黄色に
着色するのがアンズと言う概念が
あるかと思うが、この品種は
桃のように真っ赤に着色するらしい!
しかし、胴枯病に弱いとか、
裂果するとか雨に弱いとか、それから
花芽が少なく完熟が進むと種が
剥離するとか、まぁアンズの中では
栽培がチョーーーA級栽培品種の
ようだけど、あえて挑戦と
言うことでんな〜
苗木を買って来るところは、
ご覧のように果樹苗木専門屋に
行くのでした。
どっかのオッサンも左手に果樹苗木を
持って、自分の車に乗り込む前の
様子でしたにゃ〜(笑)
(接近して撮ると著作権の問題が
当然発生することを理解して見てる
ギャラリー(?)のことでしょう)
これより先は立ち入り禁止と
書いてあるが、苗木を見せると
あの苗木この苗木とお客が言うから
見せないようにしてるらしい!
しかし、年々客が減って、
パートの仕事もなくなってる様子が
雰囲気として伝わってくる・・・
相変わらず値段が高いから
消費者が他へ流れてることも
大いにあることでしょう!
最後にはご覧のように腐植が進んだ
ワラ敷きをしてみましたにゃ〜
野菜で使った敷きワラの残りで
あって、稲ワラ堆肥ではありゃ〜
しませんで〜(笑)
チッ素比率を調べれば一目瞭然
なんだろうけど、あくまでも
無肥料でいくのは昔からであって、
4〜5年過ぎると、おのずから答えが
見えてくると言うことでっせ〜
それからこんもりとカマボコ状に
土を盛り上げてる様子も
お見逃しなく・・・
翌年になった6月の画像だけど、
奥のほうがハーコットで
手前のほうがサニーコットでした。
アレレレレレのれぇ〜
何かおかしいってぇ〜
農研果樹研究所申請中の
サニーコットは、アンズ筑波5号×
ハーコットの交配品種なんだと・・・
天香園ではいきなり売り切れの
カタログを送って来たので、
別なところから取り寄せしたの
でした(笑)
売り切れの品種をカタログに
いきなり載せるなってか/ギヒヒヒヒ
その後落葉の季節になりました。
4方向4新梢に持って行きたい
作者の心(?)が
解りましたかにゃ(笑)
これを果樹研究所では
Y字型伸びを押さえる何とか
農法とか言ってましたでぇ〜
2013年4月だけど、行ってみたら
花が終わってた(><)
今年はナント花が早いのだろか。
その後4月下旬に雪が降りました。
観測史上最も遅い雪だそうで・・・
その時点で花は咲き終わって
いましたが、新芽がやられました。
あれよあれよと言う間に
全部枯れてしまいました(><)
だから新品種と言うのは、
1〜2年は順調でも、3年目に
なんとかあるものですね。
これにてカナダ原産アンズ栽培は
終了になりました。
(画像は陰も形もない状態)