アズキ栽培



ポット植えアズキが
定植時期になりました。

蒔いたのは6月15日でした。
JAのHPによると、
6月半ばより早く蒔くと、
ウィルス病とか多発
するらしい!
バラ蒔きのほうは1日
遅く蒔いたので、定植には
少し早いが、明日も明後日も
雨が降る予報では、
強引に植えてしまいます
にょ(^^;
蒔いてから8日目の定植
では、確かに強引になる
様子だけど(笑)

アズキは初めて蒔いたけど、
まぁ時間があれば、やっぱり
ポット蒔きとしたほうが
良いようだにぃ〜
やっぱり左畦の様子は
見えないぐらいの
状態でした(笑)
(その後小さい苗を植えたから
根切り虫に5%ぐらい
やられてしまいましたにゃ〜)

最近はアズキを植えるのは
落花生と並んで
少なくなってるようで、
ネット検索しても栽培日誌は
ほとんど出て来ないから、
これからここを見て
チョンマゲっと!
できるだけ手本になるように
やって見よう(^^;ニャン
話は大きく大きく
アッハッハァ〜
やややっ!
少し小さいまま植えたところは
案の定ネキリムシにやられたぁ〜
それも続けてヅラァーーーーっと

やられたら直ぐに掘り起こして、
1匹とか2匹とか退治しないと、
次々と隣の株を齧りますニャン。
土日百姓で行って見たら、
ほとんど全部アレレレは
ありえる話のアズキ栽培かにゃ?
次の瞬間復活して(笑)
捕植用苗はもうないから
粒状オルトランを蒔いたが、
太いネキリムシには効果が
多分無いと思うし、アズキというのは
茎が柔らかいから、
これからも無くなりそう(><)
ダイズは200本ぐらい植えて、
今のところ1本もやられてないから、
アズキ栽培はネキリムシには
警戒警報発令だにゃ〜

粒状オルトランよりもネキリムシ
専用粒剤もあるが、
粒状オルトランは水に溶かして
噴霧する手もあるわけで、
多用途というのと、毒性が低く
幼苗には使えるし、
何と言っても
大量製造により一番安いと言う
のが好きな粒剤でした(^^;
ネキリムシ警報のほかに
強風警報も発令しそうだから、
軽く土寄せ1回目
そ〜れ(笑)

土寄せは軽くやったわけで、
それほど土を動かしてないけど、
その後またまたネキリムシの
餌食に次々となってる〜
大豆は1本もやられてないのに
なんと小豆はやられるのだろ〜
これほどネキリムシに弱いとは
知りませんでしたにゃ〜
まぁところどころやられる分には
問題ないが、続けてズラーーー
っとやられると、画像写りが
悪くなるモ〜で(笑)
粒剤オルトランでは太い
ネキリムシには効果がないので、
とうとうネキリムシ専用殺虫剤の
出番になりやした(笑)
このネキリトンを蒔こうとしてる
前に、早くもやられたにぃ〜
画像右側のように、双葉の上で
齧られても、まだ伸びるかも
知れんが、画像中央のように
双葉の下で齧られると
オシャカだにぃ〜
それにしてもネキリムシの
好物に、小豆は相当な
もののようだにゃ〜
だいぶ伸びた7月半ばの画像。
しか〜し、だいぶ齧られ
ましたにゃ〜
ネキリトンを蒔いてからは
ほとんど齧られなかったが、
なんせムシに弱いアズキ
だにぃ〜
それからアブラムシも結構
毛だら毛来るようだにゃ〜
反対から見るとどんなもの?
まぁあまり変わりなく
どっちでも良いってか(笑)
(タダ、曇り空のみの逆光は・・・)

台風4号の影響はここでは
あまり無かったが、小豆も
大豆も東から西へ向かって
少し寄っかかるように
ここでは斜めになってたにぃ〜
他の畑ではかなりやられて
いたんデスタイ(><)

遠い畑にはまだ行ってないので
どんなもんか全く知らんのだけど
トウモロコシは最終土寄せしてから
1ヶ月近く過ぎてるから
(土寄せ間もないと倒される)
99%は倒れてないと
思うにょ(自信満々)
ニャンちゃって(笑)
その後だいぶ伸びた
7月末の画像。
花が咲き出したにょ(^^)
黄色い花が咲きましたにゃ〜
大豆系は白い花だけど、
この小豆は黄色なんだにぃ〜
最終土寄せが終わった
8月始めの画像。
花もワァーーーっと
咲き出した(笑)
着莢しだした8月中旬の画像。
この半月でドンドン繁茂した
8月半ばの画像。
アズキらしくなってきましたにゃ〜
その昔、このアズキをつるなし
インゲンと間違えて収穫
したことあったにぃ〜
葉っぱもソックリだし、莢の状態も
パッと見ると同じでした。
読者の中にも、見まちがえた
ことあるんでにゃいの(笑)
伸びすぎて通路が埋まった9月始めの
画像だけど、左畦はザックリコンと
実が付けど、真ん中の畦と右畦は
花がチラホラと咲き出したばかりで、
徒長気味になってしまった(><)
1畦の中でも、画像で見ると
緑が濃いところは結構着莢してるが
緑が薄いというか黄緑色の所が
花がサッパリコンの状態。
葉っぱを少し落として見たが、
直ぐには効果無さそう(><)
左畦との違いは、元肥チョビットは
同じだし、追肥は一切無しも同じ、
土寄せとか雨降りの湿った状態も
当然同じだにぃ〜
蒔いた時期は1日違いだけど、
バラ蒔き移植法は着莢して、
ポット蒔きが徒長したって、
聞いたことがないにゃ〜
その左畦の状態で、
下のほうの茶色になってる
ところは、早くも収穫期だにぃ〜
上のほうでは、まだまだ花が
咲き続けているが、
アズキってこんなに花が
咲き続けるものかにぃ〜
もしかして、程よい自家製稲藁堆肥の
元肥だから?
ニャンちゃって(笑)
大豆系マメは元肥チョビット
入れると増収になるので、
アズキもチョビットだけよと
入れて見たのでした。
問題なのがこの真ん中の畦と
右畦の状態で、花がチラホラ
ようやく咲き出したところ(><)
これからどうなるどうなる(笑)

確かにポット蒔きとしたところは、
最初から伸びが良かったにぃ〜
バラ蒔き移植法でも、一旦根っこの
土を全部落として、裸苗ぐらいで
定植したほうが良さそうかにぃ〜

来年は遠い畑に植える予定だが、
ここよりも肥沃な土だから
(黒土系果樹地帯の土)
元肥無しでも伸びそう!
やるとしたらバラ蒔き移植法で、
土は全部落として裸苗で
植えて見よう(^^;
それから蒔いた時期が今年は
6月15日だったが、来年は
6月最下旬に蒔いて見ようかにぃ〜
蒔いた種だけど、画像左の
タキイの丹波大納言で、左畦の
ザックリコンと成って、20mlで
82粒入って210両。
画像右のウタネの大納言小豆で
25mlで110粒入って210両だけど、
真ん中の畦と右畦でサッパリコン。
元肥チョビットでも微妙に徒長するか
しないかがあるから、種の品種に
よっても徒長するかしないか
土との相性もあるのでなかろうか?
1粒当たりの値段もあり/アリィ(笑)
下のほうは出来たので収穫
して見た9月始めでした(^^;
カボチャとアズキの甘煮は甘いから
酒の肴にはならないとばかり、
若いころは見向きもしなかったのが
最近は昔懐かしい味になったのは、
歳を取った証拠なので
しょうかにぇ〜(笑)
こりを食いたいが為にアズキを
植えたようなもの・・・ナハハハハ
もう一杯/ウィ〜
この甘煮は直接酒の肴には
ならないが、
またまた一杯/ウィ〜ウィ〜
その後9月半ばの画像。
左畦はテッペンまで着莢して
あとは枯れるだけになった。
問題な真ん中の畦と右畦だけど
花がワァーっと咲き出した。
その真ん中の畦と右畦だけど
下から上まで同時に咲き出して
まぁまぁ採れそうだにぃ〜(^^;
他の畑でも咲き出してるから、
やっぱりこういう品種だったんだぁ〜
(腕前でなく種のせいにしとこ)
同じ大納言でもメーカーが違うと
採集地が違うので、こういう
違いが出るようだにぃ〜
しかし徒長気味は変わらずで、
初年度はチョビットだけ/ハンセイ(笑)
ここを見てるシトがいるから
報告まで・・・
(メールを貰ったりしてる)
その左畦はテッペンまで着莢して
かなりの収穫量だにぃ〜
アリィ小豆ってテッペンまで
実が付くんだったかにゃ〜
もしかして程よい養分だから(?)

また書いた
アッハッハァ〜
まぁ全体がこういうことではないから
カキカキするのはこのぐらいに
しとこ(笑)
左畦が枯れあがって来た
9月下旬の画像。
それ以外はまだまだ花が
咲き乱れ〜(笑)
やっぱりこう言う品種であって、
腕前ではないことがハッキシ
してきたんでにゃいの・・・レレレ
その後10月上旬の画像。
えっ!
あまり変わり映えしないってぇ!
肉眼で見ると結構変化してるが
画像ではイマイチ見えましぇ〜ん。
てなことカキカキしてたまには
逃げてみるかにぃ〜(笑)
10月半ばになると左畝は
収穫期になりましたにゃ〜
あまり置いておくと小豆がはじけて
収穫量が減ってしまう
ヘッヘッヘッ(?)
てなわけで(どんなワ〜ケ)
左畝だけ収穫した
10月も半ばを過ぎて下旬に
なろうとしてますニャ〜
11月になっても
なかなか枯れ上がりませんにゃ〜
こりは晩生種のようだにぃ〜
大納言でも早生種と晩生種の
違いぐらいありますにゃ〜
したがって、この種を6月半ばに
蒔いたのは相当早かった勘定!
この種は7月に蒔くべきだった
様子が今解ったのでした。
茶色い莢にならないと収穫できないが
全体が茶色にならなくて、
まだしばらくかかりそう!
11月中旬にはとうとう初霜と
初氷が同時に来てしまって、
まだ莢が全部茶色にならずとも
全部抜いてしまいましたにゃ〜
その後ようやくアズキが
採れましたにゃ〜
大豆と違ってナント小豆は
マメ叩きに苦労するのでしょう!
いやはや手間隙は大豆の3倍
ぐらいでんな〜
そりから、虫食いの選別にも
大豆の5倍もかかる手間隙(大げさ)
フギャフギャフンギャ〜〜〜〜
栽培途中からムシの多いことには
十分気が付いていたので、
防除を2〜3回やったわけだが・・・
来年はここより肥沃なところに植える
予定だから、白菜とかキャベツ栽培と
同じような防除の心をしてかからねば・
(その肥沃なところでの1株当たり
平均収穫量は70グラムぐらいでした)