ゴボウ栽培



品種は在来種の滝野川
土層によっては1メートルぐらいに
なるようだけど、掘り起こすのに
チカレル(^^;ビ〜
になるモ〜で、60センチぐらいで
止まるような土層にするのでした。
1畝2列だと結構繁茂するから
今年は1畝1列で行ってみよう。
ようやく発芽した4月下旬だけど
またまたモグラトンネルの
攻撃を何回も受けてるんでやんす!
次々とやられて全滅の経験も
あるのだにぃ〜
その後間引きした5月も
半ばを迎えようとしてる画像。
6月になるとゴボウらしく
なって来ましたにょ(^^;
7月になるとだいぶ伸びました
にゃ〜
11月下旬に掘り起こして
みたけど、こんにゃもんしか
採れな〜い(><)
太いのは全部モグラかネズミに
齧られてしまった!
ニンジンの場合1畝全部
齧られて全滅したことあるけど、
ゴボウではお初なり〜
3億円の被害発生・・・
不作だ不作だ不作だ不作だ
不作         ダァーーー(笑)
ここからはモリアザミ(山ごぼう)
栽培でした。
播種から1週間過ぎてゾロゾロと
発芽開始した7月上旬だけど、
リベンジ・リベンジ・リベンジ
雪辱・雪辱・雪辱・・・
           ダァーーー(笑)
だぁ〜ばっかりと言われそうな
気がする/ガハハ
その後7月半ばになったが、
サッパリ成長しないので
調べてみたら、この品種は
高気温には弱いそうな(><)
そこで遮光率50%の遮光ネットを
かけた様子でした。
連日35度以上の猛暑になってる
ので、遮光しても高気温と乾燥に
対して、この品種はどのような
経過をたどるのでしょうか?
リベンジも
ピンチだピンチだピンチ
           ダァーーー(笑)
(またまただぁ〜ばっかり)
少しは成長したけど、
普通のゴボウの葉っぱとは
違いまんな〜

ここで一般的なゴボウとは
キク科ゴボウ属のことで、
モリアザミとはキク科アザミ属の
品種である。
アザミ属には相当な品種が
あって、薬草とか毒性の強い
品種もあるようだが、
ここで栽培してるモリアザミは
モチロン食用で、信州で栽培が
多いのが有名かな?
作者もキク科の学者ではないので
詳しいことは解りましぇん!!
しかし言えることは、食用でない
ものを植えることは全くありません。


8月半ばには少し生き残った!
しかし、連日の猛暑(35度以上)
に、遮光ネットだけでは
高気温に対してどんなもの?
まぁもう少し過ぎて、夏の終わり
ごろになれば、どの程度
収穫できるか解るもの・・・
(他人事風)
8月下旬には
結構伸びましたにゃ〜
しかし、ここからどのぐらい
ゴボウで収穫できるかは
五歩五歩ではなかろうか?
左側のペケペケの伸び具合は
雨にたたかれてフンギャ〜
でしたにゃ〜
そこでまたまたのま〜た(笑)
又のような画像が解る人?
こここから先はチョー〇○級
栽培なモ〜で、なんぼここを
見ても解らへんじゃろ〜
信州あたりの栽培を見てみて
解るお人は、あなたは天才的
野菜栽培のお人と言って
信ぜよう/ヒヒヒのギヒヒヒヒィ〜
9月半ばにはさらに伸びて
これなら枯れることは
なさそう!
中には花が咲きそうに
かなり上へ伸びたところが
あるんでやんす!
アザミ属やから紫色の
花が咲きそうだにぃ〜
こっちゃのほうも雨よけが
良かったようで、スクスクと
伸びてる9月半ばでした。
ただし、ニンジンと同じように
夏の終わりごろに蒔いたのは
いかなることになるのやら
(またまた他人事風)
9月下旬にはだいぶ伸びました。
蕾も膨らんで来た9月末でした。
この調子なら10月半ば過ぎには
花が咲きそうな勢い?
その10月半ばを過ぎたが
一向に咲きませんにゃ〜
(9月半ばの画像と比べて
サッパリ変化がなかったりして)
こっちゃのほうも少し伸びたが、
朝方10度以下になったら
葉先が茶色になって、
ナント低温に弱いものやら・・・
高温にはモチロンペケだし、
雨にはからっきし弱いし、
この品種はどんなもんでっしゃろ
きぃきぃきぃ〜(笑)
水遣りをかかさずやれば、
意外と青々としてる発見も
しましたにゃ〜
(乾燥させないと言う意味)
とうとう咲いた10月末の画像
あとは何も書きましぇん(笑)