半田山の紅葉


福島県最北端にある半田銀山で有名な半田沼 後方は半田山
.
まもなく11月半ばになろうというときだけど、かろうじて紅葉が間に合った!
.
浮島のようなところでバーベキューとか芋似会が良いところ
.
キャンプ場の奥には半田山の登山口がな〜い!
.
なかなか良い標語じゃにぃ〜
.
ようやく案内板があったあった!キャンプ場の奥から登山口があるジャン!!
.
半田山863メートル、画像右側のミカゲ石は何も書いてないけど何かな?
.
半田沼は見えれど、伊達正宗発祥の地の伊達平野が見えませぬ!
.
半田山 生活環境保全林と書いてある
.
これは見事な紅葉(^^) 紅葉の一番良い時かな!
.
紅と緑と
.
続いてやって来たのは、半田山南方にある藤倉ダム・・・懐かしいぃぃぃぃぃぃ〜
.
魚釣りをしたことあるけど1匹も釣れなかったのは何年前(><)
.
このへんは紅葉終わりの様子じゃにぃ〜
.
肉眼で見ると高さ100メートルぐらいに感じるけど、画像では感じない・・・
.
続いて探した探した、半田銀山跡だけど、半田沼の下方の山を下ったり登ったり・・・
コンクリートの基礎が急斜面に何段もあるけど、これは何かというと解らない・・・
下は排水溝だから、上のV字状のところに銀鉱石を転がり落としたのかな???
.
半田銀山坑夫供養塔・・・事故死は相当いただろう〜
.
石垣の上にはその昔に木の橋がかかっていた様子・・・ 後方は半田山
.
これがその橋の様子で、当時は人力のみだにぃ〜
.
要約すると、日本3大銀山として江戸時代から幕府直轄として栄えた。
その後事故や鉱石を全部掘り尽くし、戦後に完全閉山した。
.
旧伊達郡役所(重要文化財)
洋風建物として当事は珍しいものだった!
.
内部は結構広く、河野広中の銅像は高さ3メートルぐらい!
.
半田山の山麓にかなりの建物があり、確かに3大銀山の面影が・・・
現在の山麓は農地や住宅地となり、当事の面影はまったくな〜い!
.
ネコ流し精錬法とは水で洗い流しながらふるい分けた様子・・・イマイチ不明
.
大きな樽と人間の服装から判断して、何でも人力の時代!
.
これだとなんとなく精錬法が解ったような・・・
.
金ピカ銀ピカの重い鉱石のようだけど、ガラス入りだから値段は安いとか(笑)