常磐線・原ノ町駅




駅前通りでシャッターの閉まってる
割合は2〜3割程度だろうか!
これなら少しは活気のある町?
ところが駅舎を見て
ホヒィ〜
そのまんま東ではなかった、
昔のまんまの駅舎でんな〜
まぁ乗降客が右肩下がりだろうから、
できるだけ経費をかけない意味は
理解できるが・・・
いつも見る駅裏には一応
駐車場だけあり〜
連絡橋の歩道橋があるのみ。
階段の左にあるのは、流行の
エレベーターだけど、ここは雪が
降らない地域だから、できるだけ
階段を上がり降りしなはれと
言っておこう(^^;
まぁ公共事業と称して、
車イス障害者にやさしい街づくりとか
言うんだろうけど、財政赤字と、
乗降客の数と右肩下がりの数と、
総合的に考えなはれと言ってるワケ。
(エレベーター1機作るのに何千万の
税金投入になるかと言うこと)
駅前には市立図書館があり、
これだけは立派だにぃ〜
その隣にある駐輪場だけど、
ショーケースのように工夫してる
のには◎でした。
ところが自転車が一台もない。
駅から少し離れただけで、誰も
止めない風潮があるから、
立地条件は×でんな〜
(1台も止めないようなところに、
瓦葺の屋根とか税金の無駄遣いと
言われるのではなかろうか)
銘醸館 入場無料
造り酒屋のようだけど、
入場無料でもお客はいなかった
りして?
日本酒全体が右肩下がりだけに、
ここにも斜陽化の風景と感じるのは
作者だけだろうか?
その裏口に回る。
古い倉の軒樋から雪解け水が
下に落ちてるが、軒樋の大きさが
イマイチだからと直ぐに解るもの。
まぁこのへんは滅多に雪が降らない
浜通り地方(太平洋側)だから
なんでしょうにぃ〜
古風なトイレでは、暖房便座ではなく
(それもあるかも)
トイレ全体の暖房をして、見学者に
対する考えが解るもの。
これだけは◎を付けておこう。
原町火力発電所
建物が大き過ぎて全景が入らない。
石炭火力なら石炭ヤードとか
石炭運搬船やら相当長いベルコン
やら目に付くが、
ここは何火力発電所だろか?
火力発電所から出る暖かい排水に
魚が集まってきて、太公望にとっては
有名な海釣り場でした。
ただ有料の釣り場だけに、獲物が
サッパリコンだと元がとれない(><)
最近は海水温度が高い状態が続き
回遊魚が来ないけど、
ここはどんなもの?
現在(2月)は休漁中の様子!
画像右側の防波堤の手前まで
有料釣り場のようだけど、
テトラポットでよく見えない。
海の見える風景
夏は海水浴場の原町シーサイドパーク
より海を見渡す。
海風により砂浜が重く湿った砂に
なっている。
雪は降らないのだろうけど、
気温が低いので冷たい雨が降ると
このような砂になるのだろうか!
相馬野馬追いの会場
外周は競馬場のように
1周何メートルあるのだろうか?
真夏の野馬追いでは、炎天下の中で
日陰を求めて、画像奥の木の下に
観客が移動するので、日陰の部分が
後から行くとなくなるのでした(笑)
今は階段状に整備中のようだけど、
このサブザブしい画像からは、
真夏の35度以上の炎天下の
イメージは出ないカモカモ!
相馬野馬追いの概略を
簡単に書いてみると、
外周を周回するレースが
終わったころ、中央部分に神旗を
ドーンと打ち上げ、それを奪い合う、
神旗争奪戦がメーンな
相馬野馬追い祭りでした。
原町陸軍飛行場跡
正門の門柱があるだけで、
今は畑地帯になっていて、どこが
滑走路だったか全く解らずでした。
空軍の飛行場ではなく、陸軍の
飛行場だから、それほど広大な
滑走路ではなかったのだろうか?
コンクリートの基礎石のようだけど、
錆付いたボルトから判断すると、
結構大きな施設(?)があったの
だろうか。
高射砲陣地ではなさそう!
原町特攻隊の慰霊碑
陣ヶ崎公園墓地の中にあるけど、
漢字カタカナ混じり文字の意味は
5回ぐらい読まないと解らない。
(1回しか読まなかったが)
これが噂の夜ノ森公園
桜の季節になると、浜通り地方では
有名なところだけど、町外れの
ヒッソリしたところにありました。
その高台の公園広場だけど、
桜の花が咲けども、ここでも
コザのハナは咲かないカモカモ!