春蒔き玉ネギ栽培




現在は4月上旬だけど
ようやく発芽して
ここまで来ましたにゃ〜
発芽まで2週間かかり、
その後も低温のため
サッパリ伸びませんて!
マスマス気候変動が
激しくなってる昨今ゆえ、
こりは早蒔きしないと
いけないのかも
しれませんぞぇ〜

その後4月下旬の
5月になろうとしてるが、
サッパリ伸びてま
しぇんて(><)
4月の気候と言えば
雪は降るし、異常低温の
1ヶ月になりました。
桜満開の花びらに
雪が積もってる風情
なんて記憶が
ごじゃリましぇん!!
こっちは4月上旬蒔きの
品種の4月下旬の
画像だけど、発芽してる
ところはどこどこどこ
ってなもんかにぃ〜
4月蒔きは不織布
トンネルとしてみたわけ
だが、この状態では
まだまだトンネル撤去
とはなりませんて!
尚、春蒔き品種は
2品種合計で延4回に
渡って蒔いてみたの
でした。
その後の5月半ばの画像
だけど、最初に蒔いた
ものでもまだ3葉が
ようやく出たばかりなり!
こりは5月中の定植
どころか、いつまで手頃
な状態になるか解らん
ようになったのでした(><)
相変わらず5月になっても
30度になったり5度に
なったり、激しい5月でんな〜
今後どうなるどうなる
ど〜〜〜なる(大げさ)
5月最下旬になったけど、
延べ4回に渡って蒔いた
状態が見えてきた。
3月末に蒔いた品種で
60日を過ぎたので、
定植時機到来になりました。
その2週間遅く蒔いたほうは
ご覧のような状態(><)
4月の低温にはホトホト
ベタ遅れでしたにゃ〜
一旦掘りあげる品種は、
3月中旬に蒔いたから
70日過ぎたけど、一円玉の
球根になるのはいつの
ことやら?
その品種の1週間遅く
蒔いたほうは、まだまだ
でしたにゃ〜
えっ!
上の画像と違わないってぇ?
肉眼ではハッキシと
違うのが解るが、画像では
こんなもんでっしゃろ(笑)
その後6月半ばには
とうとう堀り上げの時
来るになりましたにゃ〜
しかし、10円玉のときが
一番良いとかのようだが、
地下部分がよく解らんにゃ
ので、どのぐらい掘り上げて
みるのが◎なのか
イマイチ知らんて(笑)
10円玉ぐらいのときに
掘り上げれば、その後乾燥して
1円玉ぐらいになるようだが、
なかなかそろわないので
一部の掘り上げはまった・・・
そこの掘りを上げ(ドブさらい)
は、まったまった(笑)
このように、全体の2割程度を
掘り上げてみたが、
1センチピッチぐらいで蒔いた
ところと、それ以上に蒔いた
ところとの違いが、
ハッキシと解って
来たんでやんす(笑)

こりを風乾させて、休眠状態
よりも仮眠状態にもっていって
8月末に定植する予定だが、
この仮眠が最大のポイントの
ようだけど、かなり微妙な
ことなので、画像で表現は
でけません。
したがって定植するまで
一旦サ・ヨ・ウ・ナ・ラ(笑)
これは5月末に定植して
1ヶ月過ぎた6月末の画像。
毎日雨が降るので、
延びるのは雑草だけ(笑)
6月と言えども連日の30度
以上のカラカラ天気になり、
高温障害が出てるのでは?
8月の高温期をいかにして
乗り越えるかと思っていたが、
4対6でペケかいなの予想が、
2対8ぐらいに変わる(><)
休耕田なので直ぐに水入れ
して、乾燥防止と地温を下げ
ても高気温にはどうしようも
ないか・・・ムムム
一旦掘り上げる品種の
8月下旬の画像。
冷蔵庫に入れて仮眠打破を
したと思うが、発芽は解らず
じまいだった!
しかし1円玉サイズから
10円玉サイズに500円玉
サイズといろいろありますにゃ。
500円玉サイズは分球しやすい
そうだが、早めに1本に
すれば、問題ないそうな!!!

とうとう8月下旬に定植しました。
半分以上埋め込んでるので
植えたかどうか見えないと思う!
右畝の黒マルチには、10月
下旬にトンネルを掛ける予定
でした。
これは穴あきマルチを掛けて
いないところだけど、定植後
半月過ぎて発芽率7〜8割と
いったところでしょうか!
掘り上げた時期の違いによる
発芽率には変化ナシの様子。

このへんでは10月下旬から
気温が下がるから、
あと1ヶ月の10月半ばまでに
どのぐらい伸ばすかが
勝負(?)の分かれ目では
なかろうか!
かと言って追肥をバンバン
なんては絶対にしませんにょと(笑)

その後、定植してから3週間後に
発芽率96パーセントになりました。

やっぱり穴あきマルチを掛けた
ところの発芽率は9割といった
ところでしょうか!
本来なら定植後10日で
発芽率100%にすれば
年内収穫が高くなるそうだが、
今年の猛暑により仮眠状態
ではなくて、完全休眠してしまった
ような感じでしたにゃ〜
今現在(9月中旬)これでは、
年内収穫は5分5分ぐらい
なのでしょうか?
どんなもんザンショ?

その後、定植してから3週間後に
発芽率98パーセントになりました。
こっちのほうでは、春蒔き品種で
猛暑の為かテニスボールまで
大きくならなかったので、
一旦掘り上げて、そのうち
小さいものだけ再度植えたもの。
サッパリ発芽してないので、
これでは年内収穫はできない
のではなかろうか?
結構発芽しかかってるのは多いが

この春蒔き品種では、多分低温に
弱いような気がするので、
越冬できなくて真冬の前に
ペケになりそうな予感・・・
この品種では何をやっても
ダメかいな・・・トホホホホホ
その後9月下旬になったけど
結構伸びて、4〜5葉 展葉して
茎の根元が太くなってきたから、
もしかしたら年内収穫○になる
かもしれんどぉ〜
9月上旬までは猛暑連続だったが
9月中旬から気温が下がり、
もともと低温作物の玉ネギの
環境整うでんな〜
まぁ最高気温が33度になったり
20度になったりするし、最低気温が
24度の次の日には13度になったり
と相変わらず気候変動は
激しいが・・・

それから右畝の発芽は相変わらず
ペケでんな〜
越冬できないとか前にカキカキ
したが、越冬前に発芽不良で
話にならんて(笑)
10月半ばの画像。
(定植後50日目)
7〜8葉 展葉して、そろそろ球根の
肥大が始まるのかどうか?
こっちも10月半ばの画像。
6〜8葉 展葉でしたにゃ〜
こっちも10月半ばの画像。
(定植後47日目)
ようやく7〜8割発芽でしたにゃ〜
もしかしたら、越冬だけはして
トウが立つのやら?
これは誰もやったことのない
未知の予想でんな〜
10月最下旬には、一部の
ところで太りだしましたにゃ〜
しかし、明日の最低気温が
4度と言うことで(いきなり初霜か)
不織布トンネルとして
(予定の行動やで〜)
みましたにゃ〜

まぁ霜にやられても、
少しは収穫できるとこまで
きたのでした(^^;/ギヒヒ
その後12月下旬になって
不織布を撤去したところ。
画像左側は、黒マルチなし
霜よけなしのところだけど、
少し茶色になって、
霜よけのありとなしで
かなり違うのが解ると思う。
こちらの黒マルチなしと
霜よけなしの画像だけど、
黒マルチよりも霜よけが
大事だと言うことが解るかにゃ〜
霜よけありのところは
結構太りましたにゃ〜
穴あき黒マルチの穴を
大きくしないで収穫するのが
かなり手間隙もんですニャンと!
茎を切らないで収穫して
茎の中の貯蔵養分が球根の
中に入ったころ切り離す
農法なモ〜で、モトモト手間隙
120%ぐらいの春蒔きだから
覚悟の上(笑)
こちらは黒マルチなしの
霜よけなしの画像。
あまり収穫できなかったが、
来年も蒔くことは蒔くけど、
どのぐらい蒔くかは1月の
売れ行きを見てからでした(笑)
しかし、この春蒔きの成否を
決定するのは、休眠打破ではなく
仮眠打破と霜よけが最大の
栽培腕前でしたにゃ〜
まぁ1年目の試験栽培だから
こんにゃもんと言っておこう/ギヒヒ
(ギヒヒ2回目)
手ごたえはあったと言うことを
申し上げてるのでした(笑)
微妙なところは画像とかでは
表現できないと言うことが
ご理解できたでしょうか?
どんなもんでしょうか??
その後とうとう球根作りの
コツを体得しました。
画像上は仮眠とする球根で、
下は完全休眠とする球根でした。
わずかの差で分球したり、
大きく育たなかったりするので、
これはチョーA級栽培品種でした。
画像は仮眠打破前と
休眠打破前の画像でした。
6月30日撮影