陸羽東線・鳴子温泉駅


2階の窓が円形になっていて、内部は円形待合室になってる。
その下の軒下のようなところに足湯があり、待合時間の間に極楽極楽。
.
足湯は良さそうだがぬる〜い!冷え性では逆の効果になりそう・・・
.
内部は円形待合室だが、中世の円形競技場を思い出すのは自分だけ?
.
陸羽東線のワンマンカーは乗ったら整理券を取るんだぁ〜
.
先ずは鳴子峡へいざいざいざ〜(冬季は閉鎖の情報あれど)
.
ここが国道47号の大谷川橋で、画像左へ降りていくと鳴子峡の遊歩道となる。
画像左上のライブカメラは国土交通省のもので、ここからのライブ画像はこちら
この中の大谷川橋をクリックすると、路面の状態と回りの天気が解るのでした。
.
雪の鳴子峡で画像右下が遊歩道
.
ありゃりゃりゃ〜冬季閉鎖でにゃいの(><)
.
それではとこけし館に向かうも、ここも閉鎖だにぃ〜   この山の裏側が
遊歩道だが、長靴なら登っていけそうな雪の少ない1月下旬だけど・・・
.
行け行けドンドンと47号を登っていけど、トンネルでは引き返す(><)フンギャ〜
.
にょうまえのせきと読んだと思うが、しとまえのせきだそうな!
地名の読み方は誰でも解らんじゃろ〜 ここを今見てるハイそこのシト(笑)
.
義経のころの源平合戦のころからあるのだにぃ〜
.
今は関所跡しか残ってない
.
次は鳴子温泉街を徘徊してみるかにぃ〜
.
鳴子温泉とは直ぐ裏山なんだにぃ〜
.
このへんが鳴子銀座通りかにゃ
.
滝の湯
.
早稲田湯・・・窓には板を張り薄暗い通路で玄関が解らないから、暗い
温泉のイメージだにぃ〜 ・・・ひなびた温泉シリーズには入れられず(笑)
.
こういう裏方の風景を見ると湯量の豊富さが解り、温度も高く申し分ない(^^)
温泉には昔から何ぼでも接してチトうるさい作者なるにょ(笑)
生まれ育ったところが温泉地の隣なモ〜でうるさいワケ/ハイ
.
ここは東北新幹線古川駅西口だけど、広々していて良いけど
乗降客はサッパリいないようだにぃ〜
.
東口に来て見れば、まん前にスロープの陸橋があるではあ〜りませんか
新幹線と直角に交差する陸羽東線を越える陸橋かにゃ〜
(駅に来たときは必ず裏側を見るが、これでは発展性は0になる)
.
祥雲閣は数寄屋造り
.
吉野作造記念館
.
裏庭というか表庭というか
.
この三角形はなんだろか?見た感じでは構造体では無さそう!デザイン上だけか?
詳しいことは構造図と構造計算書を見ないと解らないが、
古川市民会館で、ややや、構造計算書といえば
例の姉歯事件の姉歯の出身地がここ古川だぁ〜
姉歯一人のために建築士法が改正になったではないか(怒)
もう一言いってしまえば、何か事件があるごとに法改正をして、自らの責任を
転化するような、国○交○省のやりかたにはいかがなものか、
自らの責任を少しだけでもとらんかい(怒怒怒)
.
熊野神社の境内で朝市が行われ、その昔からの八百屋市で有名だそうな
.
古川城跡があるから、道路が碁盤の目になってなく、解りづらい古川の町。
こういう城下町を徘徊するには、前もって無料住宅地図をDNロードして、
十分に歩くコースに赤線でも引かないと、時間が無くなってしまうにょ(^^)
.
その昔川が氾濫して多くの命が奪われた川に掛けた橋の意味の様子!
しかし石の橋げたを支えるのに鉄の桁(詳しくはH型鋼)で補強とは、いただけませんにゃ〜
それを使うのは良いが、そこにラスモルタルでも塗って、石風タイルでも貼らんかい
予算的には少ないゼニでできるどぉ〜、こういうのがお○所仕事と言う(喝)
.
その橋のたもとにある市民ギャラリー緒絶の館
こういう箱もの風のものを並べるのが芸ではないっ!
城下町ならそれなりの時代とか、古きものの良さとか
強調せんかい・・・今日は言いたい放題だのぉ〜/アッハッハァ〜
.
橋の反対側には古風な建物・・・ソバ屋とは確かに城下町を感じる
.
幅1メートルぐらいの裏通りは曲がってる!初めて通る夜では通れないが、
明るいときは好んで通る裏通りだにぃ〜  こういう裏通りを通ると、
どこの城下町でも城下町でなくとも、斜陽化してる風景と一瞬感じる