糸状菌培養による落ち葉堆肥の作り方



このような山に行って、車を止めて
落ち葉を捜します。
雪をどけて、落ち葉の下の
土との境目あたりに、糸状菌が
活動してるようです。
採ってきた落ち葉の上に、
三杯酢(酢+醤油+砂糖)の
オニギリを乗せて・・・
糸状菌(カビ)は、酸性に強く
細菌(バクテリア)とか
放線菌(放射状細菌)とか
酵母菌(イースト菌)などの、
酸性に弱い微生物を押しのけて
糸状菌だけを採集します。
糸状菌の白い菌糸が出てきました。
落ち葉と酸性オニギリのあたりに
特に菌糸が見えますが、
残念ながら画像では微妙な菌糸は
見えないかな(^^;
これなら糸状菌が見えそう(^^;
糸のような菌糸が解りますか。
採集した糸状菌に、米糠と黒砂糖水
をまぶして、培養します。
糸状菌の活動温度は、8〜45℃
ぐらいですが、現在の1月の気温は
それ以下なので、時間がかかります。

培養した糸状菌を使って、落ち葉に
米糠、菜種油粕、過燐酸石灰、畑土、
黒砂糖水を混ぜ合わせ、
第一段階発酵の糖化作用を待ちます。
集めて来る落ち葉は、このように
イチョウを好んで集めます。
イチョウは腐れにくいという理由で
落ち葉堆肥には向かないと
一般的に言われてるようです。
しかし、そうでしょうか?
イチョウの木は数百年も生き続ける
不老の木として有名ですね!
それには葉っぱの光合成に秘密が
あるようです。
イチョウの葉エキスがあるように、
フラボノイドという成分が、
ボケ防止になるようです。
時間をかけて完熟したイチョウの葉
を含んだ、落ち葉堆肥はいかがで
しょうか(^^)
薄い葉っぱの落ち葉堆肥は、すぐ
分解して、どこかへ行ってしまいます。

先ず落ち葉と水分との関係ですが、
落ち葉が舞い落ちて、雨が降り水分が
50%ぐらいのときが、第一段階発酵の
糸状菌がよく働くようです。
次に土があることによって、いろんな
微生物の棲家が増え、微生物の
増殖に役に立つようです。
落ち葉と土との関係は長年(10年
ぐらい)やってきましたが、
発酵には土が、大いに関係してる
のが実感します。
発酵過程において、チッ素分が、
アンモニアガスとして空気中に
拡散しますが、そのとき土が養分の
逃げを吸いつける働きをして、
肥効の持続に効果を発揮します。
有機質だけなら50日効くところ、
土を加えると100日効くとも
言われてますが、確かに実感します。
ビニール波板のパネルを組み合わせ、
落ち葉堆肥の仕込み中です。
ビニールシートの上にも雪が積もる
1月の畑ですが、雪をどけての
画像撮影は、チカレタ(^^;ビ〜
なんせ、チメタイのなんのって(笑)

第一回の切り替えしをして、手で触ると
温かいから、40℃ぐらいでしょうか!
一部には水を加え、その次の細菌に
よる第2段階発酵と、酵母菌による
第3段階発酵の、細菌と酵母菌の
培養も出来ますが、ご覧のように気温が
低く時間がかかるので、ここでEMと
黒砂糖水を加えます。
EMの中にもモチロン糸状菌が
含まれてますが、第2段階発酵の
ときは、温度が40℃以上になります
ので、糸状菌は活動できず死滅し、
細菌の活動となります。

落ち葉が少し黒っぽくなってきて、
切り替えし2回目ですが、温度が低く
最低気温−5度ぐらいだから、
糸状菌による糖化作用の
まだ第一段階発酵中のようです。

細菌による第2段階タンパク質
分解作用と、酵母菌による第3段階
アミノ酸とタンパク質合成作用は、
これから少しづつ進んで行くものと
思います。

最後になりますが、糸状菌培養とか
イチョウとか、土との関係とか
いろいろ書きましたが、ご意見とか
ご感想をお待ちしております(^^)



落ち葉堆肥、稲藁堆肥、籾殻堆肥、いずれもチッ素控えめで
作りますが、C/N比(炭素率)が高いとチッ素飢餓が
起こりますので、そのチッ素分を補う程度の油粕を加えるのみです。
このチッ素飢餓の起こる詳しい説明は引用文より ↓



 C/N比とは堆肥中のチッ素(N)含量に対する炭素(C)含量比のことです。
 C/N比が高い堆肥(おおむね25以上)は、施用当初は土壌中で堆肥が分解される際に無機態チッ素(植物に利用されるチッ素)が微生物に奪われ、図1の例のように一時的にチッ素飢餓(植物が利用できるチッ素がない時期)が起こる場合があります。






 逆に、C/N比が低い堆肥(おおむね10以下)は、図2の例のように施用当初から分解されるに従って無機態チッ素が急激に増え、未熟な堆肥ではガスが発生する場合があります。
 図1及び図2のような堆肥は作付け直前に施用すると生育がかえって悪くなる場合がありますので期間をあける(通常作付け前1ヶ月以上)などの注意が必要です。






 また、図1のような堆肥は特に土壌構造の改善(土壌中の通気性をよくしたり、耕耘しやすい構造にするなど)に利用するのがよいと思われます。図3のようなC/N比が中庸(おおむね10〜25)な堆肥は施用当初からチッ素が徐々に効いてきます。一般にC/N比は牛ふん系堆肥で高く、鶏ふん系堆肥で低く、豚ぷん系堆肥がその中庸です。しかし、同種類の家畜由来の堆肥でも、腐熟度や混合している副資材の違いによってC/N比が異なり、C/N比の低い堆肥はチッ素が速く効き、高い堆肥では遅く効いてきます。

 今後堆肥を選ぶときは、チッ素、りん酸、カリの他にC/N比についても気をつけ、利用目的に適したものを選びましょう。