常磐線・相馬駅



相馬駅の画像右側は
原町方面で、最近開通した様子!
画像左側へは新地・岩沼方面
だけど、永久に開通しない
雰囲気が漂う。
ガードマンがいるのは
このためだろうか?
駅裏には何もな〜い!
このへんは海岸から結構遠い
位置にあるから、津波被害は
まったくなかった様子!
新地駅のように海岸に近いところは
相当な津波被害が出てしまった。
その昔にもこのような津波が来た
ので、海岸から遠いところに
街道とかは移動するように、当時の
伊達政宗は指示を出したようだ。
新地駅の位置はもっともっと
山側に移動すべきだったものが、
どういうわけか海岸沿いだった。
回りの地形を見たが、山が多く
海岸線を迂回できないことは
なかった!
今から線路の位置を変えるのは
立ち退き問題とかあって、
何年過ぎても不可能か?
画像右が松川浦で、左側の
道路沿いが津波被害で
軒並み更地になってる様子!
道路面はデコボコしていて
地盤沈下が相当起きてる。
ここは潮干狩り場だけど、
再開には相当な時間が
かかりそう!
撮影時は引き潮だけど、
それでも地面が濡れてるから、
満潮になるとこのへん全体が
水没しそうな雰囲気!
水産物直売所の建物がな〜い!
土間コンだけを残して、
相当な津波被害が出たものか?
後方の漁船もいつまでたっても
出漁できないことでしょう!
林業と漁業は今後はペケ
でんな〜
小さな魚を大きな魚が食って
放射能検出はこれからでっせ〜
ちなみに震災から10ヶ月が
過ぎようとしてる今日この頃
だけど・・・
松川浦沿いの道路は切れて
海になってる!!
切れてなくとも地盤沈下は
相当深刻に広範囲に渡ってる。
浮島桟橋のようなところでも
ところどころ通行できず。
これは地震被害か?
後方の斜張橋の被害は
なかった様子!
近づいて見ると橋げたの
直ぐ下まで水が来た様子が解る。
海面から10メートルぐらいか。
1号埠頭も地盤沈下してる様子!
建物の壁はまったくな〜い。
今でも瓦礫の山が
アッチャコッチャにある。
2号埠頭の被害はもっと深刻。
原釜海水浴場だけど、
画像右側の監視台の建物だけ
残っていた。
原釜の密集地だったところに
釣具店があったが、
これではまったく解らず。
ここの原釜地区は外海に
近いところだけに、津波被害は
相当なもので、焼け野が原
ではなくて、なに野が原と
言うのでしょう!
内海の松川浦に近い尾浜地区と
ここの外海に近い原釜地区とでは
原釜のほうが被害が大きい。
ここは相馬市山上にある
とある住宅
家主本人がいた〜
(ビックラコン)
ここの続きを見たいときはこちら